steamでオータムセールが開催中!おすすめのRPG10作品を紹介します!

セール期間:2021年11月24〜12月1日

毎年恒例のsteamオータムセールが開催中です!

普段steamでゲームを買い慣れていない方などは

数の豊富さに迷ってしまいますよね・・・

 

そこで今回は、おちかがおすすめのセール対象ゲーム
主観に基づきながらご紹介していきたいと思います!

steamのセールは、割引率が日本で行われる一般的なセールより大きく
対象数も多く、新作なんかも大幅に値下げされているので
この機会に買いだめなんかもおすすめですよ!!

 

Tales of Arise

発売日 2021/9/10
開発 BANDAI NAMCO
価格 6583円(定価8778円)
割引率 25%
販売リンク

言わずと知れた、日本を代表するアクションRPGの最新作!
この記事を書いているときから
2ヶ月前
に発売されたばかりの作品ですが、オータムセールの値下げ対象になっていました。

テイルズシリーズは、複数作品が販売されていますが
基本的には続編的な位置付けではなく、それぞれが独立している
シリーズになるので、どの作品からプレイしてもOKです!

毎回バトルシステムもですが
シナリオが素晴らしいと定評があるシリーズですね。

是非とも美しいグラフィックで、美しい物語を堪能してみてください!

 

 

ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~

発売日 2019/10/29
販売元 KOEI TECMO GAMES
価格 4290円(定価8580円)
割引率 50%
販売リンク
こちらもシリーズもの
ライザのアトリエの1作目です!
アトリエシリーズは基本的に値段が落ちにくいシリーズなので
過去作だとしても50%も割引率は破格です!
アトリエシリーズも数多くの作品が発売されていますが
作品によってシステムや戦闘システムは異なり、基本的にはどこからでも始めることができます。
(ただし、ライザシリーズやアーランドシリーズ等の
各シリーズごとでの1作目から遊ぶのがおすすめ)
悪い魔王から世界を救う!
みたいな、シリアスなRPGではなく、ライザのアトリエは例えるなら
夏休みの子供たちの小さな冒険
みたいな雰囲気のゲームです。
大きな盛り上がりはないかもしれませんが、その分肩肘張らずにプレイできるので
疲れた社会人の皆様に是非おすすめしたいシリーズですね!
システム的にも、初代の頃から見れば、だいぶ遊びやすくなっているので
ここからアトリエシリーズに挑戦してみるのもいいかもしれませんよ!

 

 

 

The Outer Worlds

発売日 2020/10/23
販売元 Obsidian Entertainment
価格 2468円(定価7480円)
割引率 67%
販売リンク
前2作は日本産でしたが、こちらは洋ゲーになります!
王道を行くRPGという感じで、ロールプレイがしたい人におすすめのゲームです。
世界観としては、主人公が銀河を救うために、数々の星を旅していき
そこで様々な人々や事件と出会い、時には重大な決断を迫られながら
冒険していくゲームとなっております。
武器は近接武器から銃火器まで幅広く、自分好みのプレイスタイルで戦闘することができます。
キャラクターメイキングは、比較的抑え目で
基本的にはFPS視点での冒険を想定しており
JRPGの様に可愛らしいキャラクターでプレイするよりかは
現実の自分に寄せる方向で楽しむのがおすすめです。
星々で迫られる重大な決断の際には、ついついコントローラーを握る手に
汗が滲んでしまいます。
非常に考えさせられるストーリーとなっておりますので
没入感を持ってゲームを遊ぶタイプの方には
是非是非お勧めしたい作品となっております!

 

 

.hack//G.U. Last Recode

発売日 2017/11/4
販売元 BANDAI NAMCO
価格 1337円(定価8360円)
割引率 84%
販売リンク
こちらはネットゲームを題材にした作品の元祖ですね。
学生時代のおちかがネットゲームに興味を持つことになった
名作でもあります。
本作はPS2で販売された.huck//G.U.シリーズの3作品を
一本にまとめてリマスターしたもの
つまり、このお値段で3作分遊べちゃう訳ですね。
架空のネットゲーム
THE WORLD
を舞台に、心を閉ざしていた少年ハセヲが
様々な人との出会いや戦いを通して、成長していく物語になっています。
ネットゲームを舞台とした作品にありがちな
「ゲームで倒されたら現実でも意識不明」
的なストーリーではありますが
この手の設定って.huckシリーズが起源なんじゃないですかね?
とにかく泣けてくる作品であり、色褪せない名作とはまさにこのことだと思います。
個人的には、日本のRPG5本の指にも入る作品だと思ってますので、
とにかくおすすめです。

 

 

 

イースVIII-Lacrimosa of DANA-

発売日 2016/7/21
販売元 日本ファルコム
価格 2436円(定価6090円)
割引率 60%
販売リンク
こちらも長年続くアクションRPG
イースシリーズの8作品目となっております。
おちかはこの作品からイースをプレイしました。
箱庭色とアクション要素が強めなJRPGとなっております。
無人島に流れ着いた主人公が、その無人島で
過去に起きた出来事を紐解きながら、島からの脱出を目指すゲームです。
無人島で現在と過去を行き来(正確には主人公が過去にいく訳ではないですが)
しながら、謎を解いていく、なんともロマン溢れる一作です。
アクション要素もクオリティが高く、やり込み要素も満載。
そして何よりストーリーが儚いのが良いです。
最新作の9も面白いですが、これからプレイするなら8から入るのをお勧めします!

 

 

 

Dragon’s Dogma: Dark Arisen

発売日 2013/4/23
販売元 カプコン
価格 1218円(定価4063円)
割引率 70%
販売リンク
カプコンより発売された、超王道なハイファンタジーゲーム
剣と魔法の世界で、自由にキャラメイクをして冒険していく作品です。
ストーリーはややダーク寄りなテイストとなっております。
マップは狭いもののオープンワールド
キャラメイク・職業選択・ステータスとスキルの割り振りなど
王道のRPGに求められる要素をグッと詰め込んだ様な作品です。
こちらの「ダークアリズン」は、本家ドラゴンズドグマに
追加要素が+されたものとなっておりまして
この追加要素のダンジョンがやり込み要素満載でとても楽しい。
序盤は割と苦労するかもしれませんが、
やり込んで強い装備を入手すると世界が一変して、脳汁ドバドバです。

 

 

 

The Witcher3: Wild Hunt

発売日 2015/5/18
販売元 CD PROJEKT RED
価格 1117円(定価5588円)
割引率 80%
販売リンク
言わずと知れた名作。STEAMでのレビューは
「圧倒的に好評」
小説を元にしたダーク寄りなファンタジー作品です。
さすが原作が小説なだけあり、世界観の作り込みはピカイチ。
そしてその上でものすごいボリューム。
メインストーリーをクリアするだけでも数十時間はかかり
サブのストーリーもこなすとなると100時間は余裕で飛びます
多少不親切な部分もありますが、それも忘れさせてくれるくらいに
世界観の作り込みが素晴らしい作品です。
ゲームというよりは、作品、という表現の方が相応しいと
個人的には思います!

 

 

 

ペルソナ4 ザ・ゴールデン

発売日 2008/7/10
販売元 ATLUS
価格 1386円(定価1980円)
割引率 30%
販売リンク

これを書くために発売日を見て愕然とした。
そんなに前なんですね・・・ペルソナ4

続編では音ゲーになったり格ゲーになったりしますが
あくまで本家はRPGゲームです。

2008年のゲームにしては、キャラデザや音楽がハイセンスで
なんともオシャレ感漂います。

リマスターと言えど流石に画質は荒いですが
オシャレ感だけでなく、ちゃんとRPGしております。

難易度も過去作に比べてだいぶライトになっている印象でしたので
これを機にペルソナデビューしてみては如何でしょうか!

 

 

 

魔界戦記ディスガイア5

発売日 2015/3/25
販売元 日本一ソフトウェア
価格 1216円(定価4055円)
割引率 70%
販売リンク
超絶怒涛のやり込み系シミュレーションRPG
キャラクターの数、敵のボリューム、ダメージの桁
何をとっても多すぎるシミュレーションRPGです。
むしろボリュームがありすぎてもう勘弁してほしい
一度ハマったら最後、数百時間は飛びます。
他のゲームに類を見ない程膨大な
やり込み要素や育成要素に
ハマる人は本当にハマるゲームです。
個人的には、ディスガイアの魅力はそれだけでなく
随所随所のテキストがユーモアに富んでいて
クスッとさせてくれるところも魅力だと思っています。

 

 

 

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

発売日 2017/3/30
販売元 KOEI TECMO GAMES
価格 3861円(定価8580円)
割引率 55%
販売リンク

2021年11月に2作目が発売された「ブルリフ」の
記念すべき一作目

普通の女子高生として過ごすアドベンチャーパートと
人の心に作られた異世界「コモン」でのバトルパートを
繰り返してゲームが進行する作品です。

育成要素などは少なく、1回1回の戦闘後にHP・MPは全快する
仕様なので、歯応えのある戦闘がほしい人にはものたりないかも
しれないです。

あくまで女子高生の青春と心の動きがメインになっている印象を受けます。

コーエーテクモさんが「美少女祭り」と銘打って打ち出したこともあり
キャラクターが可愛らしく、非常に尊いゲームです。

冒険を楽しむより、アニメをみる感覚でプレイしたい方にはおすすめです。

 

 

おわりに

今回はSteamのオータムセールの対象となる
RPGを10作品紹介させていただきました!

どれも面白い作品なので、是非とも購入して遊んでみていただきたいです!

そしてこの記事を買いていて思いましたが、紹介しているラインナップから
世代がモロバレでしたね!

その他、セール対象ではありませんが、steamで購入できる
お勧めゲームの記事はこちら!

【零〜濡鴉ノ巫女〜】名作和製ホラーゲームが帰ってきた!
今回は、PS2から始まり、計5本(リメイク含めず)続く 和製ホラーの金字塔、零シリーズのリメイク作品が 様々なプラッ...
【Project Winter】通称雪山人狼がSwitchとPS4/PS5で登場
今回はアプリの紹介記事ではなく、コンシューマー向けゲームの紹介となります! 今回ご紹介するゲームは 「Proje...

 

steamへのリンクはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました