【ラグナロクマスターズ】あのMMORPGの金字塔がスマホで。

この記事は約7分で読めます。

ラグナロクオンラインといえば、2002年にサービスを開始した、PC向けMMPRPG。

当時はその人気から、ROをするために仕事をやめたプレイヤーもいるとか。

かくいうおちかも、過去にはブラックスミスのランカーとして、日々製造に励んでいました。

(まあ、ランカーになったのもGメンのおかげでしたが)

 

現在でこそアクティブユーザーも減りましたが、今なお根強い人気を誇るネットゲームです。

 

今回は、そんなMMORPGの金字塔、ラグナロクオンラインの、スマートフォン版

ラグナロクマスターズ、通称ラグマスをプレイしたので、レビューしようと思います。

 

1年越しなのは、あえて避けていたからです。

理由は、今回みたいな懐古厨丸出しな記事になるのが透けて見えたからです。

 

 

  • 昔ながらのMMO要素がてんこ盛り
  • 過去にROをプレイしていた人は、きっと楽しめる
  • あのSEが、BGMが聴ける
  • G狩り、BOT、ピクミン、ポタ屋、これらのワードに、反応してしまう人へ

 

注意!過去にROに没頭していた筆者の懐古記事です。

どんなゲーム?

PC向けMMORPG、ラグナロクオンラインのスマホ版となります。

驚くべきはその再現度。昨今の大手ゲームのネームバリューだけを利用したスマホMMOとは、

レベルが違います。

ROユーザーなら、この立ち方だけでなんの職業かわかりますよね?

そうです、バックステップで街中を移動する、ぴくみ・・・アサシンです!

 

本当に、ドット絵だったROが、3Dとして進化を遂げた感じです。

このゲームは、ROの別作品などではありません。正統に進化した

まさにラグナロクオンライン2」であると筆者は感じました。

 

無論、ただただROを再現しただけでなく、グラフィックやUIもスマホ向けに進化しています。

ですが、月額制のPCゲームとしてリリースしても良いのではないかというほどのクオリティです。

 

 

ラグマスの良いところ。

BGM、SEがそのまま使われている。

これだけ聞くと、ただの手抜きなんじゃないか?とお思いになる方もいるかもしれません。

ですが、2002年リリースのゲームのBGMがそのまま使われるということは

それだけ本家のBGM、SEが優秀すぎるということ。

 

ストアのレビューなどでも、BGMがそのままである、ということに触れている方はいますが

それを批判している人は少ないです。

アマツの和風なBGMも健在。

過去にROで遊んでいた人は、BGMを聞くためだけにプレイしていただきたい所です。

 

個人的に好きなBGMは、ジュピロス廃墟とオーディン神殿のBGMなんですが、それはまだ未実装のようで

実装を待ちたい所です。

 

本家のマップの再現度

マップそのものは、基本的に本家より縮小されておりますが、それでも再現度はすごいです。

本家は、マップの移動のためだけに、2PCでキャラクターを作成したり

ポタ屋(ユーザー間でゲーム内通貨のやりとりをして、特定のマップに送ってもらう)

など、移動のだるさがネックになっている所もあったので、これはこれで悪くないかな、というところでもあります。

 

でも、たまり場で作戦会議して、装備を整えて、みんなでチャットしながら狩場に向かう時間も楽しかったので、少し寂しくもありますね

 

下水道です。金ゴキカードが欲しい人生でした。

 

伊豆です。飛空挺で移動することが多かったので、お世話になりました。

 

プロ南の広場。今は、本家でもここまで賑わってないんじゃないかなあ。

 

クホルグレン!お前は移植されなくていいんだよ!!!

 

成長の鍵は、何よりも「狩り」

ひたすらクエストを消化することで、どんどんレベルが上がっていくRPGも多い所ですが

ラグマスで必要なのは、何よりも「狩り」です。

 

かつて、1ヶ月後にレベルが1上がることを信じて、ただひたすらマウスを動かしていた人

仕事も学校も忘れて、寝る間も惜しんで、ひたすらに敵をクリックしていた人。

 

朗報です。ラグマスは「狩り」をすることができます。

 

今すぐRhapsody of the Ragnarok Onlineを開き、自分のHITとFREEをメモして、今夜の獲物を見定めましょう。

もちろん、クエストや掲示板など、レベルを上げるためのコンテンツは、多数用意されています。

でも、ROユーザーが求めるのは狩りでしょう?

 

ただの移植作ではない。独自機能も満載

冒険手帳

いわゆる、実績システムのようなもの

 

新しいマップに行ったり、モンスターを倒したり、「名所ポイント」と呼ばれる場所で写真を撮るなどすることで、冒険手帳経験値を獲得することができます。

そして、冒険手帳経験値を獲得することで、ステータスボーナスを得たり、便利な冒険手帳スキルを獲得することができます。

 

こちらは、「名所ポイント」の一例(名所・・・・?)

 

執事

本家でも、10年目過ぎごろに、課金要素として似たようなものが実装されていましたね。

執事は、各プレイヤー1名ずつ雇うことができ、冒険をサポートしてくれます。

執事が出してくるデイリークエストをクリアすることで、EXP2倍アイテムなどの便利アイテムと交換できる「執事コイン」が入手可能だったりと、何かとお世話になります。

 

自動狩りシステム

昨今のゲームらしく、自動借りシステムも実装されています。

あらかじめ、自動狩り用のスキルスロットにスキルを登録しておけば、自動でそのスキルを使いながら、狩りを続けてくれます。

 

個人的には、なくてよかったかな、という機能ですが

こればっかりは、時代の流れですよね。

 

いまいちな所

良くも悪くも、本家プレイヤー向け

前述のBGMや、マップの再現度が高いのは、本家プレイヤーからしたら良い所ですが

初めてROに触れる人からしたら「何感動してるの?」って感じなんですよね。

それ以外にも、システム周り。特にクリティカルの仕様やら、武器ごとの特徴なんかは、

新規プレイヤーにはわかりづらい所かもしれません。

 

ある程度のチュートリアルは用意されていますが、「手取り足取り」という感じではないので

新規プレイヤーを定着させるなら、もっとチュートリアルを充実させた方が良いのではないですかね。

 

PCゲーマーと比較すると、スマホゲーではライトなユーザーも多く、気になったゲームについてあれやこれやと調べることを、みんながみんな楽しめる訳ではないのですよ。

(アプリ紹介サイトを運営している人が言うのもなんですが・・・)

 

疲労度システム

自動狩りがある以上、絶対に必要な措置ではあるのでしょうけども

ラグマスでは、一日の戦闘の時間に上限があります。

(一日300分まで。翌日に持ち越し可能で、最大900まで蓄積する。)

 

狩ってなんぼのゲームでこの仕様は、なかなかに厳しいです。

課金するので制限解除させてくれませんかね?

 

まぁ、狩場の独占や混雑を防ぐために、必要な措置であることは理解しています。

ですが、問題なのは、制限時間が終了したとしても、入手経験値やアイテムは減少するものの、狩りを継続できてしまうと言う所。

これでは、結果的に狩場の混雑が起こりうる気がします。

 

せめて、手動狩りは制限なし、とかの仕様が欲しかったです。

 

まとめ

今回は、なんとも懐古厨丸出しな、過去にすがった記事を書いてしまいました。

ですが、ROで青春を過ごした人も、多いはず。

当たり前のように、書店にROの同人誌が並んでいた時代もあったんですよ?

 

でも、このラグマスを遊んでみて思ったのは、やっぱりROはMMOの頂点であると言うこと。

そして、ラグマスはそれが正当に進化した、名作であると言うことです。

  • 本家ROをプレイしていた
  • 狩りに没頭したい人
  • プロンテラのBGMが耳にこびりついている人
  • 本当のMMORPGを知りたい人

こんな方々に、是非ともオススメしたいアプリとなっております。

 

課金周りとか、書きたいことはまだまだあるのですが、今回はここまでです。

是非とも、ダウンロードして遊んでみてくださいね。

 

ラグナロク マスターズ

ラグナロク マスターズ
開発元:GungHo Online Entertainment, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました