【ラストシェルター】広告でよくみる終末RTSゲーム!

この記事は約4分で読めます。

こんにちは!こんばんは!おちかです!

 

おちか、よくYouTubeを利用して動画を閲覧してたりするんですけど

その動画の広告で表示されるスマホゲームとかって、どれも魅力的に見えたりするんですよねえ。

 

けれど、実際に遊んでみると広告とは全く違うゲームで、がっかり、なんてことも。

というわけで今回も、広告で見かけた気になるゲーム

 

ラストシェルター サバイバル!

遊んでみたので紹介させていただきます!

 

嫌な予感ガ

どんなゲーム?

ジャンル的には、ゾンビサバイバルRTS(リアルタイムストラテジー)

テーマは、ゾンビの蔓延る終末世界で、シェルター(都市)を築き、兵力をあげ、生き残ることを目的とするゲームです。

 

どこぞのマフィアのナゾゲーと同じ匂いを感じますが、それと比較すると、世界観が一貫していて、のめり込み易い内容になっているなど感じました。

 

美人さん要素もありますよ!

 

ゲームの流れ

ゲームの基本的な流れは、他のストラテジーゲームと同様ですね。

資材を集めて、兵舎、シェルター(基地)などの建造物を建築し、兵力を強化

向かいくるゾンビ達に立ち向かうといった内容です。

 

おちか的に感心したのは

数あるサバイバル要素の中でも、ある程度リアリティが追求されているところです。

 

例えば、火力発電所一つ起動するにも

①シェルターから物資を運ぶための道路を建築

②油田を作成し、発電のための燃料の供給

③発電所が起動

④町に明かりが!

 

のような、リアリティを追求した、細かい手順が要求されるところです。

 

「発電所作った!これで明るくなる!」

とはいかないところが、現実的だし、手順がある程度煩雑化していることで、目的の建造物がうまく起動した時の達成感もまたひとしおなのです!

領地が拡大すると、物資の輸送経路の工夫なども必要になってくるみたいなので、さらに奥深さが増しますよ。

 

一貫した世界観と程よいリアリティは、RTSゲーム好きの人にはたまらないんじゃないでしょうか!?

風力発電所まで領地を広げるものの、道路がないため機能しないの図

さらに、リアルタイム、を謳っているだけあり、昼夜の概念も存在しています。

ソンビといえば夜ですからね。昼のゾンビも好きですけど。

 

おちか的おすすめポイント!

正直なところ、ナゾゲーを期待してプレイしていたんですよ。

でも蓋を開けてみれば、しっかり作り込まれたRTSゲームだったんですね。

そんな中で、おちかが一番気に入ったポイントはというと・・・

 

偵察しろう!

謎翻訳とボイスです!

 

いやぁ、海外産のゲームではある程度は仕方ないとは思うんですけどね。

けど、あんまりにも謎な翻訳が多いのです。

 

さらに、声優さんも、ところどころ棒読みな演技が入ってたりして

読んで楽しい、聞いて楽しい。

まさに一石二鳥で楽しめるんです。いや、ゲーム性が面白いことも踏まえると三鳥かな!?

スカイリムの珍訳とかを楽しめる人なら、最高のゲームなんじゃないでしょうか!?

 

まとめ

こちらのラストシェルターサバイバル

ストラテジーゲーム好き、珍訳好きな人

そしてゾンビが好きな人なら、楽しめるゲームになっているのではないでしょうか!?

 

少なくとも、広告詐欺のゲームでは無いですかね!そこは保証できます!

 

気になった方は、ぜひ遊んでみてくださいね!

なんかローカロリーな記事だナ


ダイエット中だからね!


ラストシェルター
ラストシェルター
開発元:LONG TECH NETWORK LIMITED
無料
posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました