墓地

この記事は約4分で読めます。

このページについて

こちらのページでは、おちかが紹介した中で

残念ながらサポート・配信が終了となったアプリを掲載しています。

そのアプリについての私観や、思い入れについても書いていきますので

血は通ってないながらも、こんなアプリあったなと、想いを馳せていただけたら幸いです。

 

閲覧数は、正確なものではなく、ワードプレスの投稿画面の閲覧数を記載しています。

目安として受け取ってください。

 

ファイトリーグ

 

【ファイトリーグ】12マスの頭脳戦、システムの紹介や、リセマラについて!
今回は対戦ゲーム「ファイトリーグ」のご紹介。個性豊かなブランドや、戦闘システムの紹介、リセマラについてなど、おちかが紹介していきますよ!

運営:XFLAG

サービス期間:2017年6月22日〜2020年3月31日

記事数:2

閲覧数:852回

おちか的にはなかなか熱中していたゲームでした。

「知が騒ぐ、12マスの頭脳戦」と言うキャッチコピー、個性豊かなブランド(特に十八番街の、妖しくて騒がしい感じが好みでした)

一時はYouTubeでアニメが放映されたり、ましてやそのアニメ主題歌の歌手が、おちかが大好きな歌手だったり

何かと思い出深いゲームです。

 

一時は、このアプリしかプレイしていない時期もありました。

 

基本的に対戦ゲームを好まないおちかが、珍しく熱中できたゲームです。

些かキャラバランスの崩れはあったかな、とは思いますが・・・。

 

開発元がXFLAGと、大手の会社ですし

ぜひとも、ファイトリーグ で生まれたキャラクター達が、別のゲームなんかで登場してくれたりしたら、おちかとしては胸熱ですね。

 

またスズカで無双する日が来ることを願います。

 

 

リボルバーズエイト

【リボルバーズエイト】SEGAから配信の注目ストラテジー!序盤の攻略!リセマラは不要?
今回はSEGAからリリースされたアプリ、リボルバーズエイトの紹介です。事前登録中から注目を集めていたこのゲーム。リセマラや、ゲームシステムなどなど、おちかが徹底紹介しちゃいますよ!

運営:SEGA(後にマイネットゲームス)

サービス期間:2019年1月19日〜2019年12月26日

記事数:3

閲覧数:2680回

早かったですね、リボハチ

リリース当初は、積極的にYouTuberさんに案件を出していたり

バイクに乗るシンデレラに、機械武装したクララ、凶悪性能の白雪姫など

型破りな世界観で、話題になっていたし、勢いも良かったと記憶しています。

たしか、結構な額課金した気がする・・・

 

結局、サービス期間は一年と持たなかったみたいです。

型破りな世界観×現代風なグラフィック×ストラテジー

題材としては悪くなかったように感じますが、ユーザーの維持は難しかったみたいです。

6月に運営が変わった時点で、少し「あっ・・・」とは感じていました。

 

個人的には、戦略性を謳う割に、課金者が優遇されてしまっていたところが有ったので(しかし、利益を出さないわけにもいかないので、難しいところですが)

それも一因ですかね?

しかし、ユーザー数を維持させるためには、どんどんキャラを追加して、飽きるのを防がなきゃいけないわけで

キャラを追加するには、開発はもちろん、声優やらイラストやらにお金がかかり

加えてサーバー維持費も考えると、課金を勧めるしかないわけで。

まぁ、この辺りはどのゲームにも言えることですが。

 

 

ダークアベンジャークロス

【ダークアベンジャーズX】キャラクリ凄すぎ!リセマラは可能!?
新作スマホアクション!ダークアベンジャークロス!美麗なグラフィックや、凄過ぎるキャラクリ、リセマラについてまで!おちかが紹介していきたいと思いますよ!!

運営:NEXON

サービス期間:2019年2月13日〜2020年1月30日

記事数:2

閲覧数:1180回

爽快なアクションと、美しいグラフィックで話題になったゲームですね。

アクション、グラは確かに高水準でしたが

如何せん、コンテンツの少なさがネックになったかなと思います。

 

 

アクションの爽快さは素晴らしかった。美麗なキャラが、スマホの画面の中でヌルヌルと敵をなぎ倒すのは見ていて面白かったです。

しかしながら、その美しいグラフィックを生かすには、世界観が噛み合ってない感じもありました。

仕方がないことですが、ダークで洋風な世界を描く作品でしたので

いわゆる、砂漠、森、川などといった、美しいグラフィックが活かせる場所が少なかったんですよね。

曇天の空と、煉瓦造りの建物や、下水道、など、暗所にステージが偏りがちだったことで

その良さが生かしきれていなかったかな、と感じています。(ある意味、ゲームの世界観を貫いていたとも言えますが。)

 

温泉システムや釣りシステムなど、頑張っていたと思いますが、ユーザーを定着しうるだけのコンテンツに成長できなかったといった感じでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました